WordPressならファーストサーバ > WordPress便利ガイド > WordPress構築ガイド > WordPressで公開しているサイトのサーバーを変更する

WordPressで公開しているサイトのサーバーを変更する

現在WordPressでサイトを公開しているサーバーを異なるサービスに乗り換える場合、通常のHTMLだけで公開しているサイトとは異なり、プログラムやデータベースの移行も必要になります。

WordPressの移行に必要な作業をご案内します。

事前準備:移行前/後のサーバーの環境の確認

PHP/MySQL/phpMyAdmin/Apacheなどのバージョンの差により、公開中のサイトをそのまま移行しただけではサイトが動作しなくなる可能性があります。必ず事前に移行前/後のサーバー環境をご確認ください。

特にバージョンが大きく異なる場合は動作しなくなる可能性が高いため、移行前に「WordPress公式サイト」などで対応状況をご確認いただくことをおすすめします。

 

移行前のサーバーでの作業

1プログラムのダウンロード

移行前のサーバーに設置してあるWordPressのプログラムを、そのままの状態でFTPでダウンロードします。
たとえば、ドキュメントルート直下にインストールしている場合はドキュメントルートごとダウンロードし、特定のディレクトリにインストールしている場合は該当ディレクトリをダウンロードします。

2データベースのエクスポート

WordPressで使用しているMySQLデータベースのデータをエクスポートします。
データベース管理ツール「phpMyAdmin」が提供されている場合は、以下の手順で作業を行います。

1) phpMyAdminへログインし該当するデータベースを選択します。

2) 「エクスポート」メニューで詳細設定を行う画面に切り替え、以下の設定をします。

  • テーブルを全て選択します。
  • 「DROP TABLE/VIEW」を追加するオプションを選択します。
  • ファイルに保存するオプションを選択します。
  • 圧縮や文字コードの変換などは行わないように設定します。

DBエクスポート
※ phpMyAdminのバージョンにより、表示内容が若干異なる場合があります。

3) 実行すると「(ファイル名).sql」というファイルがダウンロードされます。

 

パソコン上での作業

移行前のサーバーからダウンロードしたファイルなどの記述を、移行後のサーバーの設定に合わせて書き換えます。

1WordPress設定ファイルの変更

サーバーが変わると、データベースの接続環境(ホスト名やデータベース名)なども変わる場合があります。
ダウンロードしたプログラムの中のファイル「wp-config.php」を秀丸エディタなどのテキストエディタで開き、データベースの設定情報を移行後のサーバーの情報に書き換えてください。

※ Windowsのメモ帳などでは編集しないでください。

2データベースの書き換え

以下のような場合は、移行前のサーバーからエクスポート・保存したデータベースのファイルの書き換えが必要です。

  • 移行前/後のサーバーで利用するドメインが変わる場合
  • 移行前のドメインを移行後のサーバーでも使用する予定だが、ネームサーバーの切り替えまでは一時的にアクセス可能な仮のドメインやIPアドレスでアクセスする場合
  • 移行前/後のサーバーでルートディレクトリからドキュメントルートまでのパスが異なる場合

ドメイン(URL)が異なる場合は、データベースのファイルを秀丸エディタなどのテキストエディタで開き、ドメインに関する記述をすべて移行後のサーバーで使用するドメインやIPアドレスなどに書き換えてください。
また、パスが異なる場合は移行後のサーバーの環境に合わせたパス情報に書き換えてください。

※ Windowsのメモ帳などでは編集しないでください。

 

移行後のサーバーでの作業

1プログラムのアップロード

移行前のサーバーからダウンロードしたファイルを、移行先に合わせて書き換えた設定ファイルを含め、すべて移行後のサーバーにFTPでアップロードします。

ダウンロード時と同じく、プログラムの設置ディレクトリの状態は維持してください。
移行前のサーバーでドキュメントルート直下にインストールしていた場合はドキュメントルート直下に、特定のディレクトリにインストールしていた場合は移行後のサーバーでも同じ名前のディレクトリにアップロードします。

2データベースの作成・データのインポート

移行後のサーバーでデータベースを作成し、設定を書き換えたデータベースをインポートします。
データベース管理ツール「phpMyAdmin」が提供されている場合は、以下の手順で作業を行います。

1) phpMyAdminへログインしデータベースを新規作成します。

  • データベースの名称は、移行前のサーバーで使用しているデータベースと同じ物を入力します。
  • 照合順序は「utf8-general-ci」を選択します。

DB作成

2) 作成したデータベースを選択し「インポート」メニューを選択します。

  • 「参照」ボタンからインポートするデータベースのファイル選択します。
  • 文字コードの変換などは行わないように設定します。

DBインポート

3) 実行するとデータベースにテーブルなどの各種データがインポートされます。

3プログラムへのアクセス

移行後のサーバーのWordPressにアクセスし、動作などに問題がないか確認します。

 

ネームサーバーの変更作業

移行前のサーバーでサイトの公開に使用しているドメインを移行後のサーバーに切り替えるには、ドメインのネームサーバーの変更作業が必要です。

1ネームサーバーの変更

ドメインのネームサーバーを移行後のサーバーで提供されているネームサーバー名に変更します。

※ ネームサーバーの変更作業方法は、ドメインの管理事業者にお問合せください。
※ ネームサーバーの変更後半日から1日程度、サイトへのアクセス元の状態により移行前後のサーバーのどちらが参照されるか不明な状態になります。実施日時は必ず事前に調整してください。

2WordPressのドメイン設定の変更

ネームサーバーの変更前まで、移行後のサーバーに一時的にアクセス可能な仮のドメインやIPアドレスでアクセスしている場合、ネームサーバーの変更後、正しいドメインでアクセスするためにデータベースの記述変更が必要です。
データベース管理ツール「phpMyAdmin」が提供されている場合、以下の手順でSQLを実行します。

※ 念のため必ず事前にデータベースをエクスポートなどの方法でバックアップを行ってください。
※ 記述変更を行わない場合、画像の参照先やリンクなどが古い情報のまま残ることがあります。
※ URLはすべてhttp://などから正しく入力してください。

1) phpMyAdminへログインしWordPressで使用しているデータベース上でSQLが実行できる状態にします。

2) 以下のSQLをお客様の用途に応じて実行します。

・ サイトのドメイン(URL)の変更

UPDATE wp_options SET option_value =
REPLACE (option_value, '変更前のURL', '変更後のURL')
WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';

・ 記事のパーマリンク(guid)の変更

UPDATE wp_posts SET guid =
REPLACE (guid, '変更前のURL', '変更後のURL');

・ 記事内のURLの変更

UPDATE wp_posts SET post_content =
REPLACE  (post_content, '変更前のURL', '変更後のURL');

・ 画像のパスの変更

UPDATE wp_posts SET post_content =
REPLACE (post_content, 'src="変更前のURL', 'src="変更後のURL');
UPDATE wp_posts SET  guid =
REPLACE (guid, '変更前のURL', '変更後のURL')
WHERE post_type = 'attachment';

・ 各投稿のメタ情報の変更

UPDATE wp_postmeta SET meta_value =
REPLACE (meta_value, '変更前のURL','変更後のURL');

3サイトへのアクセス、確認

ネームサーバーの変更後、ドメインで移行後のサーバーにアクセスできるようになれば、各ページの表示や画像のパスやリンクなどサイトの表示が正しく行われているかご確認ください。

以上でサーバーの移行作業は完了です。新しいサーバー上でサイトを運用してください。